2020.5.15 [ APPAR , WEBAR , アップデート情報 ]

AR SYNCなら、こんな建造物もWEBARで設置できる

ARアプリケーションなら建造物のオブジェクトも設置することができます。
商業施設の屋外エリアなどで建造物を原寸大でAR表示することが可能です。

少し変わったモノとして古井戸を置いているシーンを撮影してきましたので、以下からご覧ください。

今回の井戸や壁などはそう簡単に実際に試し置きすることはできません。
そんな時にAR SYNCを利用することで、より簡単に試し置きして確認できますね。

AR SYNCは、ARアプリ・WEBARをもっと手軽に低コストに。をコンセプトに作成された、統合ARCMS(コンテンツマネージドシステム)です。
このような原寸の建造物でもWEB ARでマーカーレスで運用可能です。

BACK

ARSYNCはARSYNCは
このようなことが可能になります!このようなことが可能になります!

  • AR開発にかかるコストを圧縮
  • 既存サービスの拡充も簡単
  • 産業用のARツールにも利用可能

対応端末:iOS11以上、Android7以降

VIEW MORE

さらに詳しく知りたいですか?

AR SYNCをより詳しく知りたい方のために導入事例・導入コスト・導入までの流れなどをまとめた 資料をご用意しております。

AR SYNC QRコード

iOS・Android端末からQRコードを読み取ってください。
対応端末:iOS11以上、Android7以降

DOCUMENT REQUEST

資料請求

DOWNLOAD

FAQ

よくある質問

AR SYNCに対しての検討・導入・運用に関する、
よくある質問をまとめました。

VIEW MORE

PARTNER

パートナー募集

AR SYNCを導入したい販売したい
WEB制作会社・開発会社の方、
または広告代理店・その他企業の方。
AR SYNCはARを広げていくために
広くパートナーを募集しております。
より詳しくお知りになりたい方は、
下記のボタンから
お問い合わせください。

iDEACLOUD/AR

iDEACLOUD/AR

ARに関わる全てを受託開発

幅広い技術・ソリューションを使った
アイデアクラウドのAR事業。
企画・開発・運用など
幅広い分野をサポート。
view more
view more